子ども国会実行委員会代表より


はじめまして、第14期子ども国会実行委員会代表の橋本樹です。

私が子ども国会を初めて知ったのは高校1年の春、友人に誘われて興味を持ち参加しました。
当時の自分は「なんとなく議論がしたい」と思っていたので参加を即決、夏の子ども国会に参加しました。

軽い気持ちで参加した子ども国会でしたが、自分が漠然と抱いていた堅苦しいイメージとは程遠い和やかな雰囲気でした。
初対面でも話しやすく、「また参加したいな」と自然と思わせるものだったと記憶しています。

その後も何度か参加し、ただ議論に参加するだけでなくもっと深く関わっていきたいと思い実行委員になりました。

子ども国会実行委員会は「子どもへこれからの社会と向き合うきっかけを提供する」ことを団体目標に掲げており、年に数回、中高生を対象としたイベントを開催しています。

身の回りにたくさんある答えのない問いについて考え、自分たちなりの答えを出す、そのような場を提供することが私達実行委員の役割だと思っています。

ぜひ一度参加して、学校では体験できない議論の楽しさを知ってもらいたいと思っています。
子ども国会に参加するということが、社会について考えるはじめの一歩になればと思います。

最後になりますが、過去13回にわたり子ども国会を支えてくださった方々、ここまで読んでくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

子ども国会がここまで長く続いていることは、ひとえに支えてくださった方々、関心をもってくださった方々のおかげです。

これからも、子ども国会実行委員一丸となって運営していきたいと思っております。

どうか末永く子ども国会を見守っていただければ幸いです。


子ども国会実行委員会代表 橋本樹

活動情報

最新情報のお知らせ

詳細なお問い合わせ

inserted by FC2 system